歯科で速やかに治療をして、住み良い口内環境を作るしかない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
dentist

気になる費用

一番気になる費用って

最近よく聞くようになったインプラント。 インプラント治療をしたいけど費用が高いのでなかなか治療に踏み切れない方は多いと思います。 インプラントは通常の治療と違い、健康保険が適用されません。ですので治療費用は100%患者の自己負担となります。 では実際インプラント治療には大体いくらぐらいかかるのか説明しましょう。 インプラント費用の調査を隔年で行っている日本インプラントセンターの発表によると、2011年現在平均価格は325,000円との事です。 ただし、患者さんによって治療内容や方法が異なるため、一概に平均価格が相場であるとも言えないです。 当然歯医者さんによって価格は様々ですが、明らかに安い所は避けた方がよいでしょう。この治療は歯科技術の中でも高度な技術を要します。つまりそれなりに費用が掛かる訳です。 ですのでこの平均価格を一つの目安として歯科医院選びをするといいと思います。

インプラントのこれまで

インプラントの歴史は意外にも古く、ヨーロッパで発見された紀元前3世紀頃のローマ人の遺骨に、上顎に鉄製のインプラント治療がされていたそうです。また中南米では紀元前7世紀頃の遺骨に貝で作られたインプラントが埋め込まれている遺骨も発見されています。 しかし確実な治療法になったのは最近で、1950年代初頭に金属のチタンを骨の中に埋め込む事によって、骨と結合する現象が発見され、1960年代半ばにスクリュー型のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。 現在のようなネジの受けの部分にあたるチタン製の器具を埋め込み、そこにネジの部分に当たる義歯を入れる治療が世界的に広まったのは1980年代になってからで、その技術は今でも常に進化しています。